So-net無料ブログ作成
検索選択

解説:IMAX次世代レーザー[ノーマル]用DCP [映画]

 前回の解説:IMAXデジタル上映用DCPに続いて、1.43:1を除く通常画角のIMAX次世代レーザー(以下、IMAXレーザー)上映用のDCPについて解説します。

IMAX_FrameCount_1.jpg
IMAX_FrameCount_2.jpg
IMAX_FrameCount_3.jpg

IMAXレーザー[ノーマル]DCP仕様
方式 Interop
映像 ファイル形式:JPEG 2000(MXFラッピング)
ピクセル数:4096x1716, 4096x2160
フレームレート:24fps(2D), 48fps(3D)
色空間:XYZ
色深度:12bit
音声 ファイル形式:WAV(MXFラッピング)
量子化ビット数:24bit
サンプリングレート:48kHZ
チャンネル数:5.0(IMAX5), 12.0(IMAX12)

・規格
 IMAXレーザーはレーザー光源の4K DLPプロジェクター2台での映写です。従来のIMAXデジタル(以下、IMAXキセノン)の映像も4Kで、同じInterop方式ですが、IMAXキセノン用のDCPとIMAXレーザー用のDCPは異なります。
 IMAXレーザー対応機器以外でのIMAXレーザーDCPの上映はプロジェクター、サーバーの性能によっては不具合が生じるかもしれません。

・映像
 IMAXキセノンと同じく、3Dも2Dもすべて4K、画角は2.39:1/スコープと1.90:1/フルコンテナの2種類です。1.85:1作品はトリミング、ピラーボックスで1.90:1に調整されています。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」IMAXレーザー トレーラーB 3D/4096x1716(2.39:1)
GuardiansGalaxy2-IMX_TLR-B-L-3D.jpg

「ゴースト・イン・ザ・シェル」IMAXレーザー トレーラーE 2D/4096x2160(1.85:1 PB)
GhostinTheShell-IMX_TLR-E-L-2D.jpg

 IMAXキセノンとIMAXレーザーの映像の違いは主に二つあり、一つは光源がレーザーになったことで色調が調整されています。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」IMAXキセノン トレーラーA 2D/4096x1716(2.39:1)
RogueOne-IMX-TLR-A-2D.jpg
RogueOne-IMX-TLR-A-2D_2186.jpg

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」IMAXレーザー トレーラーA 2D/4096x1716(2.39:1)
RogueOne-IMX-TLR-A-L-2D.jpg
RogueOne-IMX-TLR-A-L-2D_2186.jpg

 もう一つはビットレートです。
 DCIの仕様では、1フレームのデータ量は2K, 4Kの24fps(2D)では1,302,083バイト、2Kの48fps(3D, 2D HFR)では651,041バイトまでと定められています。これらの数値は、ビットレートに換算すると約250Mbpsになります。
 IMAXキセノンの映像はDCI仕様に従い、ピークビットレートが250Mbpsを超えないようエンコードされています。一方、IMAXレーザーの映像はピークが250Mbpsを超えているのが特徴で、ピークだけでなく平均ビットレートが250Mbpsを超える映像もあります。

「ダンケルク」トレーラーF1(4K) 2D/4096x1716(2.39:1)
Dunkirk-TLR-F1-2D.jpg
Dunkirk-TLR-F1-2D_Bitrate.jpg

「ダンケルク」IMAXキセノン トレーラーF1 2D/4096x1716(2.39:1)
Dunkirk-IMX-TLR-F1-2D.jpg
Dunkirk-IMX-TLR-F1-2D_Bitrate.jpg

「ダンケルク」トレーラーF9(2K) 2D/2048x858(2.39:1)
Dunkirk-TLR-F9.jpg
Dunkirk-TLR-F9_Bitrate.jpg

「ダンケルク」IMAXキセノン トレーラーF9 2D/4096x1716(2.39:1)
Dunkirk-IMX-TLR-F9-2D.jpg
Dunkirk-IMX-TLR-F9-2D_Bitrate.jpg

「ダンケルク」IMAXレーザー トレーラーF9 2D/4096x1716(2.39:1)
Dunkirk-IMX-TLR-F9-L-2D.jpg
Dunkirk-IMX-TLR-F9-L-2D_Bitrate.jpg
「ダンケルク」トレーラー 映像ビットレート
平均 ピーク
F1(4K) 88 Mbps 164 Mbps
IMAXキセノン F1 121 Mbps 248 Mbps
F9(2K) 133 Mbps 174 Mbps
IMAXキセノン F9 186 Mbps 249 Mbps
IMAXレーザー F9 296 Mbps 399 Mbps

 「ダンケルク」トレーラーを比較すると、IMAXキセノンはDCI仕様上限の250Mbpsに近いビットレート、IMAXレーザーは250Mbpsを超えるビットレートによって高画質化を図っていると言えます。

・音声

 IMAXキセノン同様、IMAX5とIMAX12の2種類が主で、IMAXキセノンと全く同じファイルが使われています。

「LOGAN/ローガン」IMAXキセノン トレーラー7 IMAX5
Logan-IMX-TLR-7-2D.jpg
Logan-IMX-TLR-7-2D_IMAX5.jpg

「LOGAN/ローガン」IMAXレーザー トレーラー7 IMAX5
Logan-IMX-TLR-7-L-2D.jpg
Logan-IMX-TLR-7-L-2D_IMAX5.jpg


 以上は、IMAXトレーラーのDCP等を基に作成した記事であり、IMAX社が公式発表した内容ではありません。






nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: